HOME > 製品一覧 > 耐震・免震製品 > 免震装置 ISO-Base

免震装置 ISO-Base

iso_base_thumbnail
免震装置 ISO-Base

特徴

事業継続のための次世代地震対策。
データを守る免震プラットフォーム ISO-BaseTM

ビジネスを支えるデータと情報システムを万一の地震災害からいかに守るか。
情報システムの地震対策は、いまや企業の存続をも左右する重要な課題です。
そこでISO-BaseTM。地震の振動、衝撃を吸収する先進の免震プラットフォームが、
情報システム機器やその中に蓄積されたかけがえのないビジネスデータを地震から保護。
事業の継続を強力にサポートします。

 

データ保護のための革新技術 Ball-N-ConeTM 免震ベアリング

ISO-BaseTM 独自の技術は、情報システム機器を載せたプラットフォームと床 面の間にあるBall-N-ConeTM 除震ベアリング※1です。スチール製のボールベ アリングを2枚のプレートで挟みこんだ構造で床面とプラットフォームを分離。 地震の揺れをさまざまな方向に分散し、吸収することで、プラットフォーム上の 機器への影響を最小化できます※2
※1 アメリカ、日本で特許取得しています。
※2 ベアリングは、揺れの強度が弱まるにつれ、重力を復元力として元の位置に自動的に戻ります。

 

※画像クリックで拡大

 

振動・衝撃を劇的に軽減し、阪神大震災クラスの大地震から重要なデータ資産を守ります。

阪神大震災を上回る1000galの地震加速度を、ディスク装置が安全に動作できる200gal以内に低減できます。
重要なデータ資産を守るこの免震性能は、公的機関に認められているとともに、各地の震災でも実証されています。

 

オープンフレームで自由なレイアウト。建物に傷をつけず、どこにでも設置できます。
設置後の移動も簡単です。

床へのアンカー打ち込み、機器の穴あけが不要。建物に傷をつけず、どこにでも設置できます。また、オープンフレームで、設置場所や機器に合わせて自由にレイアウトできます。設置後も簡単に再設置でき、機器の移動も容易です。
 
メーカーサイト(外部サイトへのリンク)

仕様

IBP1000 シリーズ
型番 W(mm) D(mm) H(mm) 重量(㎏)
IBP1036 273 914 78 24
IBP1039 991 26
IBP1042 1067 31.6
IBP1045 1142 31.8
IBP1048 1219 32
IBP1060 1524 39.5
IBP1200 シリーズ
型番 W(mm) D(mm) H(mm) 重量(㎏)
IBP1236 324 914 78 30
IBP1239 991 31
IBP1242 1067 34.5
IBP1245 1142 35
IBP1248 1219 36
IBP1260 1524 43

・本免震装置は、地震発生時に起こる積載物内部の加速度を軽減すると共に、積載物転倒の抑止効果を目指すものであり、積載物の稼動などを保証するものではありません。
・本免震装置を使用した、横揺れによる発生加速度抑制については、あくまでも装置の許容応答変位量以下であることをご了承ください。
・本免震装置は、屋内の安定した場所で、必ず水平かつ滑らかな箇所を選んで設置してください。
・本免震装置は主に水平方向に作動するため、想定作動範囲内には絶対にものを置かないでください。

HOME > 製品一覧 > 耐震・免震製品 > 免震装置 ISO-Base